今日から日記のようなブログを作る事にしました。

 先日仙台へ出張の時にひまつぶしの為にリリー・フランキーさんの文庫本「美女と野球」を買った。移動時間が長く半分くらいまですぐに読めた。「東京タワー」が泣けると聞きちょっとリリー・フランキーさんに興味があったのだ。内容はエッセイでシンコーミュージックのクロスビートと言う雑誌に連載されていたらしい。シンコーミュージックと言えば現在の仕事での取引先のメーカーさんじゃぁございませんか!その本にちょっと感化されブログをきちんとやろうと決めたのであった。その本はウンチや女の話ばがりなのに、何故あんなに楽しく読めるのかが不思議だった!

f0091289_23565921.jpg
 このリリー・フランキーさんの「美女と野球」で特に印象に残ってしまったのがひとつあります。それはある女性と食事をしていた時の話。ベトナム料理の店へ行ったそうだ!辛い料理が嫌いなリリーさんはその女性に言われるがままトムヤンクンを食べたらしい。それがとても不味く、そして辛くて酸っぱかったそうだ。身体から発汗する程らしく、相手の女性も毛穴からたんまり発汗してシャツのボタンを第二ボタンまで外したそうだ。そしてその女性は電話してくるとか何とか言って席を外しなかなか戻らなかったらしい。その時すでにリリーさんはウンコじゃないかと思ったらしい・・・

 そしてそのベトナム料理店を出てあるバーに入ったそうだ。横並びのカウンターに
座って飲み物を注文し、リリ-さんが気になっていた事を話はじめた。
「この店ウンコ臭くない?」
その女性は黙ってカクテルを飲んでいたらしい。
そしてまたもリリーさんが
「この店絶対ウンコ臭いよ!」
断言したらしい。麻薬犬のような鼻でとか書いてあった。
そしたらその女性は
「私・・・ウンコ臭い?さっきの店でちょっと漏らしちゃったのよ。でも、拭いたよ」
・・・と言ったらしい。
 リリーさんは事態を把握出来ずにとんでもない事を口走るのだが、その頭の中の情景?いや~、何て言っていいのか・・・。とにかくその時のリリ-さんのパニくっている様子が面白かった。

「漏らした?拭いた?ウンコを?リアリー?」

 この本によると世の女性は飲んだ時や辛いものを食べた時によく漏らすらしい。
俺も思わず「リアリー?」と思ってしまった。

とりあえずなんだけれどこんな感じでここ最近の思った事や
バンド活動なんかを書いてゆこうと決めた初日がウンコの話かい!
では、また!
[PR]