TSUTAYAで「Best Value」という999円で買えるCDが発売されています。

その中で気になったのはPYG、ザ・ヴィーナス、アリス、八神純子、石川ひとみ、山本達彦…

いやね、正直こんなCDはナシにして欲しいですよね!

子供の頃は欲しくても買えなかったんだから!!

ちょっと憤慨(笑)


で、今日1枚くらい買ってしまえと手を出してしまいました(笑)

買ったのは「飯島真理スーパーベスト」…

「何故?」と問われると「何故でしょう…(笑)


学生の頃の話ですが友人に誘われて飯島真理さんと行くツアーみたいのに行った事があるんです。

何処に行ったんだっけかなぁ~?

まるで思い出せないのですが、高校生の頃だったと思います。

まだ「愛・おぼえていますか」がヒットする前だったような…???

その時に男4人で1部屋のロッジに泊って、その1部屋ごとに飯島真理さんと一緒に写真を撮りました。ただカメラは1部屋につき1枚と規制が入って、京都だか何だか関西の方から来ていた同室の奴が1番いいカメラを持っていたので、その人のカメラで撮り後日焼増しをして送ってくれるという事になったのです。それが、待てど暮らせどいつになっても送ってこない。年賀状だけが何故か届いて、早く送ってくれと返信したのですが、その後は全く音信不通…。あれから20数年経ってますが、今更ながらにも欲しい1枚です。


飯島真理さんと言えば「マクロス」で有名ですが、俺はマクロスには全く関心が無く、その友人が聴いていたアルバムを聴いて好きになりました。それがタイトルにもしている「ロゼ」です。このアルバムは坂本龍一のプロデュースで、さすがは音のマジックって感じでしょうか、とにかくアルバム全体がいい感じなっていました。当時はそう感じましたね。その後のアルバムも買ったのですが、イマイチ何だか同じような曲が多く3枚目くらいで買うのをやめてしまいましたが…

f0091289_23274717.jpg













その1枚目のアルバムから何曲か入っているだろうと思い今回のスーパーベストを買ったのですが…

俺が好きだった「まりン」と「My Best Friend」って曲は未収録でした(笑)

それでも何だか欲しくなって買ってしまいました!

懐かしいなぁ~



現在も頑張っているみたいですね。

何かでまた注目を浴びる日を期待してます!
[PR]
f0091289_062244.jpg








もうここまでくればお付き合いですよ!

昨年「OCEANS KINGDOM」というオペラ音楽を発売したかと思いきや、こうオリジナル?

カバー・アルバムかぁ~

新作を聴くって考えると「MEMORY ALMOST FULL」の5年ぶり…?

企画物って考えると「AMOEBA'S SECRET」かな?

いや~「GOOD EVENING NEW YORK CITY」ですかね?

そー考えると、働いてるね~


今回のアルバムはオリジナルは2曲でカバー曲が12曲の全14曲。

オリジナルの2曲にはクラプトンとスティービー・ワンダー(別々にね)も参加しています。

クラプトンはカバー曲にも1曲参加してて2曲も弾いちゃってるそーです。

それだけでも聴く価値はありますよね!!


[PR]
ブログを書いててちょっと気付いた事があります。

90年代の曲ってあまり記憶に残ってない…

いやいやいや、そんな事はないはず。

そー思って1番最初に思い出したのが…

内田有紀さんでした(笑)

でもね、小室哲哉さんが何曲かプロデュースしてるじゃない。

それはあまり好きくないのですよ…

どーーーもね、90年代って小室さんのイメージが強くていけない。

そんな内田有紀さんの1番好きな歌は…

タイトルにしてるからわかりますよね(笑)



この曲が収録されているアルバム「泣きたくなる」ってのがあって、そのタイトル曲も良かったような記憶が…

動画を探したけれど見つかりませんでした。。。

まぁ、そんなわけで90年代で好きなアイドルでした。

今でも好きよ~!!
[PR]
最近、木曜の10時からやっているテレビドラマが楽しみになっている。

それは「最後から二番目の恋」というドラマ。

小泉今日子と中井貴一の主演で面白そうだなと思い1話目を録画していたにも関わらず、

「観るのが面倒だ」と思い、観ずに削除してしまった(笑)

2話目は自宅でくつろいでいるところに流れていた。

そしらた俺の好きだった内田有紀さんが出てるじゃないの!!

「何、何」と観ている内に「あ!!飯島直子!


いや~、何だか80年代90年代に活躍した人がたくさん出てるじゃないの!!

挙句に先週の放送では美保純って…!

いや~、ピ〇クのカーテン…、これ以上は話すのを止めないと…


そんな中、主題歌は浜崎あゆみなんで、ど~でもいいのですが挿入歌が気になりました。

公式ホームページにも載ってなく探しちゃいました。

まぁ、すぐに見つかったんですけどね!

コレ 



何となく耳に残りません?


まぁ、そんな訳でして俺も今年は恋をしたいなと…(照)

励まされた訳ですよ!!
[PR]
f0091289_2252265.jpg











ずっと前から記事にしようと考えていた曲です。

買ったのは何となく覚えているのですが、曲を全く思い出せなかった…

便利な時代、今はすぐにネットで聴ける(笑)



いい曲じゃないっすか~

って、当時はさほど思わなかったんでしょうね…

オリジナルはデイブ・クラーク・ファイブ、そのデイブ・クラーク本人がプロデュースしたミュージカル「TIME」に使われたものらしい。そのアルバムからのファースト・シングルだったそうです。
って、全く覚えてないし、「TIME」ってミュージカルも知らない。どんな内容なのか気になってしまいました。



色々と調べてみたんだけど、ミュージカルの記事は見つからなかったんすよね~

知ってる方いらっしゃいますか?

何でもフレディ・マーキュリーも「In My Defence」って曲で参加しているってところまではわかったのですが…


それにしても、まだまだいっぱい見落としている曲はありそうですね。
[PR]
最近、またまたですが沢田研二さんにハマってます。

その中で後追いで大好きになった曲。

恥ずかしい話なのですが、小学生時代の俺は歌謡曲に流行りがある事を知りませんでした。

レコード屋さんに行っても何かが流行っているなどとは知らず、沢田研二のコーナーにあるLPの1番前にある商品を手に取って買ってしまいました。それが「JEWEL JULIE 追憶」というタイトルのLPでした。現在はどこに行ったか分からなくなっているのですが、ジュリーは女装と言っていいほどの化粧をしているジャケットで、小学生の自分にとっては衝撃以外の何物でもありませんでした(笑)
f0091289_028126.jpg






上記がそのジャケットです。

発売は1974年ですから俺が6歳の頃、買ったのは10~11歳くらいだったと思うので発売から4~5年くらい経った作品だった訳です(笑)

当初は戸惑いましてね(笑)

たぶん先に「OH! ギャル」の時に化粧をするのを知ってはいたのですが、こう間近で見ると結構見るに堪えない感が沸々と湧き上がりまして…。また当時の自分は何故このアルバムに知っている曲が挿入されていないのかが理解出来なかったのです。単にボーっとしている少年だった訳ですが…

仕方なくと言っては失礼なのですが、これしか持っていなかったので何度となく聴いている内に「追憶」という曲がすごく好きになりました。「憎みきれないろくでなし」で沢田研二さんを知り、その年「勝手にしやがれ」でレコード大賞を獲り大ファンになり、派手な沢田研二さんしか知らなかった自分が初期の曲も好きになった最初の曲です。

そうなるともう次々に買いたくなる衝動がありましたね。

次に買ったアルバムは「電撃のジュリー・ベスト・ヒッツ ロイヤル・ストレート・フラッシュ」ってLPで、これにはびっくり!今から思えばベスト盤だからヒット曲しか収録されてないのは当たり前なのですが、何せ初期の頃の曲を知らないので「何これ?いい曲ばかり!」と不自然な喜びをしていたのを思い出します(笑) この頃は「ザ・ベストテン」も始まっていて流行がある事には気が付いていましたが、アルバムにオリジナルとベストがある事を知るのはこれを買ってから少ししてからだと思います(笑)

結局ジュリーのアルバムはアナログでは3枚しか買わなかったのですが、当時は新鮮に聴けていた自分が懐かしくなります。




聴いていた「追憶」とはかなりアレンジが違いますが、格好いい!!



何度となく聴いた「追憶」、やっぱりこれもいい!!
[PR]
f0091289_10494.jpg
















おニャン子クラブで唯一持っているシングル。

3枚目のシングルでおニャン子クラブで初の1位を獲得した曲。

今やAKBで一世を風靡している秋元康さんですが、AKBとは比べ物にならないくらいに素人っぽい(笑)

聴いてみますか?



動画が無いのが残念。。。

でも、この曲のメロディは結構好きなんです。

作曲は高橋研さんという方でアルフィーの作詞をしていたくらいしか記憶にありませんが、いいメロディじゃないっすか!ジャケットには志村けんさんに似てると言われていた中島美春さんが前面に出てます。この曲でおニャン子を卒業する記念?に作られた曲で、卒業シーズンと重なってグループ最大のヒットに繋がったと思います。涙ながらに歌っていたような記憶が何となくあります。

仕事中に「卒業」関連の楽譜を用意してくれと何店かに頼まれて、出荷したはいいものの「何故、AKBの桜の曲を入れないんだ」と言われ、内心「またAKBかよ」とちょっと思ってしまい、卒業はAKBばかりじゃないんだぜ!って思いながら思い出した曲です。まぁ、どうでもいい話ですが…(笑)
[PR]
Youtubeってすごいですね。

Junpeiさんのブログで教えてもらったのですが、60年70年80年…の洋楽№1ソングを一気に堪能出来る。80年代は特にその時代を駆けて来た自分にとっては楽しくて仕方ない!!



ところどころに知らない、と言うか覚えていない曲もあります。

88年くらいからその頻度が高くなってきますね。

チャートに興味がなくなったんだと思います。

特に89年の後半ではビリー・ジョエルの曲以外は全く記憶が無い(笑)。

前半は後追いで、82年から86年くらいまでは鮮明です。

やっぱり10代に聴いた曲の方が記憶に残ってます。




映画音楽からのヒット曲が多かったっすよね!

今回のタイトルは「愛と青春の旅立ち」

「Up Where We Belong Beste Qualität」

この曲は邦題の方がス~っと入ってくる!

あえて邦題でアップしてみました!!
[PR]
f0091289_0544371.jpg
















高校生の頃にかなりハマっていたのですが…

最近になって聴こうとは思わないのは何故だろうか???

2000年に再結成してたんですね~

知らなかった。

とは言っても、もう10年以上前。

今は何をやっているのでしょうか?



Youtubeで見つけた動画。

remixとか書いてあるけど、新しいヴァージョンなんでしょうかね?

レベッカで1番好きな曲はと問われたらたぶんこの曲か「ラヴ・イズ・Cash」って答えると思う。

「フレンズ」ではないのだ~(笑)
[PR]
今までに記事にした事なかったっけかな?

かなりな名曲のシングル盤です。

1986年に映画「めぞん一刻」で起用され、その時に出たシングル盤を買いました。

B面には「Get Down」と1枚で2曲美味しい楽曲が収録されてます。

f0091289_231218.jpg














この曲は巷で流れる頻度がすごく高いのではないでしょうか?

あまりに名曲過ぎて「今更?」的な感覚にもなります。

この曲を何処でどう知ったのかは全く覚えてませんが、一発でそのメロディにホレました。

それだけは覚えてる。うん(笑)



1972年の曲ですが、色あせる事ない名曲ですね。
[PR]