いきなり最終回

最近、会社の同僚でありマイミクでもある眞空雪板党さんに「あしたのジョー」のマンが本を貸しました。いや、実は2年くらい前から頼まれていたのですが・・・(笑)
やっと最近になって思い出して(笑)

それと言うのも何故か最近、ブッ〇オフにハマってしまってて・・・
ついつい昔読んだ本とかCDとか買いあさってます。
これがどーにも止まらなくて(笑)

で、先日もついつい仕事帰りに寄りました。
そこに1冊だけ取り出されたまま転がっている本を発見!
それが「いきなり最終回」だった訳です。


この本はJICC出版局という今では宝島社という出版社から発売されていたマンが本です。
たぶん1990年頃に発売になった本だと思います。
それが別冊宝島という雑誌形態になって作り直した本だと思います。
その本の1番最初に「あしたのジョー」のラストが掲載されているんですよ!
それを見て思い出して、眞空雪板党さんに「あしたのジョー」の単行本を持って行けた訳です。


発売された当初に1巻と、この別冊では収載マンガがちょっと異なってます。
単行本で買った時には「巨人の星」や「タイガーマスク」、「750ライダー」などが掲載されていたと思うのですが、別冊の方は「タッチ」「サーキットの狼」「ブラックジャック」「翔んだカップル」などが掲載されてます。

思えば最終回って、子供の頃に見たアニメだと記憶がない。
「キャンディ・キャンディ」や「フランダースの犬」なら覚えているのですが、「天才バカボン」や「ど根性ガエル」などのギャグマンガの最終回ってのが気になります。よく「ドラえもん」の最終回なんかは都市伝説的にのび太は植物人間で全部夢だったとかって話がありますが、ど根性ガエルの最終回??? どう結末を迎えるのだろうか?別にどうでもいいのですが、ちょっと調べて「ど根性ガエル」のマンガの最終回はハワイに梅さんが宝寿司を出店しててヨシ子先生と結婚。ひろしは高校生で宝寿司のバイト、ピョン吉は同じく平面ガエルとなったガールフレンドとの間に子供が出来て、その子供は何十匹もの平面おたまじゃくし!こんな結末知ってました?あ!「ど根性ガエル」自体知っている人は少ないなか???アニメでは梅さんとヨシ子先生、南先生とお手伝いの初ちゃんが一緒になるというハッピーエンドだそうです。


まぁ何にせよ子供の頃のアニメとかの話だと、どうしてこうも熱く語ってしまうのでしょうか?
f0091289_0284748.jpg

[PR]